現場ブログ - 屋根の豆知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 屋根の豆知識

屋根の豆知識の記事一覧

2023年01月26日 更新

屋根が汚れる原因について!

大阪市・東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市・東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店 つねペイントです。 東住吉ショールーム ブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。   お家の屋根の汚れは、ご自身ではなかなか気付く事は難しい場所です。 雨風・紫外線などの影響を受け汚れやすい部分でもあります。 今回は屋根が汚れる原因についてご説明させていただきます。     屋根が汚れる原因は⁉ お家の屋根が汚れる原因は「塗装の劣化」「錆」「カビ・コケ・藻」と大きくわけて3つあります。 それぞれの原因を見ていきましょう。   ・塗装の劣化 雨風・紫外線などの影響で塗装が劣化し剥がれてきます。 また、色褪せ・変色・艶も無くなります。     ・錆び 金属系の屋根の場合や、アンテナなどを設置している場合などは、雨や湿気などにより錆が発生します。 錆はどんどん侵食していく性質があり、屋根材の内部まで錆が入り込み腐食してしまうこともあります。     ・カビ・コケ・藻 お家の北側などの日当たりの悪い面などは、湿度が多く、コケや藻が生えやすい環境になります。 またそのような環境を好むカビも生えやすくなります。       屋根の汚れを放置していると? ・カビの発生 カビは湿気が溜まると起こりやすい現象ですが、屋根の汚れを放置していると、内部にまで雨水が入り込みカビが 発生してしまいます。 屋根裏まで繁殖した場合には、健康にも悪影響を及ぼす可能性もあります。   ・雨漏り 屋根の汚れを放置していると、雨漏りの原因となる可能性があります。 砂埃などによってストレート屋根の隙間が埋められてしまったり、金属屋根が錆びて穴が空いてしまったりという事が 起こると屋根内部に雨水が浸入し雨漏りが起こります。 屋根材の下には防水素材が使われているため、雨漏りがすぐに起こるということはありませんが、放置するのではなく 定期的に除去やメンテナンスする事をおすすめします。   ・屋根内部の腐食 雨水が屋根内部に浸入すると、腐食して屋根内部にまで被害が及ぶことになります。 腐食すると屋根の耐久性が下がり、最悪の場合は倒壊の可能性もあるため危険です。       まとめ いかがでしたでしょうか? 屋根の汚れを放置していると、屋根の劣化へと繋がります。 屋根の汚れをご自身で確認するのは大変危険ですので、定期的に専門業者に掃除や点検を依頼するようにしましょう。 屋根の汚れや劣化が酷い場合は、塗料の機能が低下しているという事でもあり、屋根塗装の時期のサインといえます。 メンテナンスをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。       つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。  ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。   大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

2022年12月18日 更新

屋根塗装が必要な理由とは⁉

大阪市・東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市・東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店 つねペイントです。 東住吉ショールーム ブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は屋根塗装が必要な理由ついてご紹介したいと思います。     屋根塗装って必要なの⁉ そもそも屋根塗装って必要なの? どんな役割があるの?と思っておられる方もいらっしゃるかと思います。 屋根塗装を行う事で「美観性」という役割ももちろんありますが、一番の理由は屋根を劣化から守る・保護する という事です。 屋根の塗装もおよそ10年~15年程度経つと、雨風・紫外線などの影響を受け劣化し保護の機能が低下してきます。 屋根の塗装の保護が失われたまま放置していると、建物内部にまで影響がでてしまい、補修費用が高くかかって しまう可能性もあります。 屋根の塗装の保護機能が失われる前に、屋根塗装を行い保護する事が大切です。     屋根塗装の役割とは 屋根塗装の役割とは大きくわけて3つあります。 ★美観性 ★保護 ★機能性 それぞれの役割をご紹介します。   美観性   屋根塗装を行うことによって、お家をきれいに美しく見せてくれます。 屋根も経年劣化により、色褪せてしまいます。 塗装を再度行う事で「色」「艷」が蘇り、また違う色に変える事も出来イメージチェンジもできます。     保護する 瓦以外の屋根材、ストレート屋根・金属屋根・セメント瓦などの屋根材は雨・紫外線・錆びの発生に対して耐性が 低いので塗装を行い保護しないと劣化してしまいます。 塗装を行うことで塗膜が形成され、雨・紫外線・錆びの影響を最小限に留める事が出来ます。     機能性 塗料の種類によって、遮熱性・断熱性・防カビ性・防汚性・弾性・低汚染性などの機能付加する事ができる。 例えば、遮熱性の塗料は太陽光からの熱を反射し屋根の表面温度を下げる事が出来、熱による屋根の劣化を 抑えることができます。 また、低汚染性の塗料は、汚れがつきにくく、雨水が付着した汚れを洗い流してくれます。 このように塗装を行う事により機能性を付加することで、生活を快適により良い環境にすることができます。         屋根の劣化症状~塗替えの目安は? どのような劣化症状が、塗り替えの目安になるのか見ていきましょう。   ★色褪せ・変色 屋根の色褪せ・変色の主な原因は経年劣化によるものです。 屋根の色褪せ・変色は見た目の悪さだけではなく、屋根の塗膜が劣化し始めているサインです。 放置せずに専門業者に相談して見ましょう。     ★カビ・苔の発生 屋根塗装の保護機能が低下していると水分を含み、カビ・苔が発生します。 屋根にカビ・苔が発生していると劣化が早くなってしまいます。 カビ・苔を除去後、屋根の塗り替えを行う必要があります。       ★反り・ひび割れの発生 塗装の保護機能が低下すると、屋根が含水し温度変化によって吸水・乾燥を繰り返す事で反りが生じます。 反りが酷い場合は、張替が必要になります。 台風や強風などで物が飛んできて、屋根にぶつかりひび割れが生じる場合があります。 その場合は補修を行ってから塗替えましょう。 経年劣化によりひび割れが生じる場合もあります。 ひび割れがある場合は、屋根全体の劣化が進行している可能性が高いので専門業者に依頼し診断してもらいましょう。       ★錆の発生 塗装の保護機能が低下すると、金属は酸素と水が触れると酸化という反応が起こり錆が発生します。 まずは、錆を削る作業を行い塗り替えを行います。 錆びがある場合は、早めに対処しましょう。       まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は屋根塗装が必要な理由についてご紹介いたしました。 屋根塗装を行う理由として屋根を劣化から守る・保護するという事が重要です。 屋根に劣化症状がある場合は、専門業者に依頼し診断してもらいましょう。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。     つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。  ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。 もちろん、お電話での現地調査やお見積りのご依頼も喜んで承っております。 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

2022年12月05日 更新

屋根の漆喰とは? 屋根の漆喰補修について⁉

大阪市・東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市・東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店 つねペイントです。 東住吉ショールーム ブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は、屋根における「漆喰とは?」また補修についてご紹介します。 瓦屋根の劣化が気になっているという方は、是非参考になさって下さい。     屋根の漆喰って何⁈ 漆喰の役割とは⁈   屋根瓦の場合、漆喰が多く使用されています。 漆喰は、瓦と瓦の隙間を埋めるための、防水機能や接着の役割があります。     また、瓦の下にある葺き土を雨や風から守る役割もあります。 漆喰で瓦と瓦をしっかり接着し固定しておけば、葺き土に水が浸入するのを防ぎ、多少の雨や風・ 地震などがあっても瓦がズレたり落下する事はありません。       屋根の漆喰の補修が必要な状態とは⁈   瓦の耐用年数はおよそ40年~60年と長いものが多いですが、屋根の漆喰の耐用年数はおよそ20年前後で 劣化症状が現れることが多いと言われています。 屋根の漆喰も、雨や風・紫外線の影響を受け劣化します。 漆喰のひび割れ・剥がれ・瓦のズレがある場合は修理が必要となります。 内部に雨水が浸入し雨漏りの原因となりますので、早めのメンテナンスが必要となります。 また、地震や台風などの際に瓦が落下する危険性もありますので専門業者にみてもらいましょう。           屋根の漆喰の補修方法とは⁈   ★漆喰の塗り替え工事 漆喰の崩れ・剥がれが軽度の場合は漆喰の塗り替え補修工事を行います。   既存漆喰を除去します。     漆喰を塗替えます。     漆喰塗替え工事完了です。         ★棟瓦取り直し工事 漆喰が劣化し剥がれて、瓦がズレてしまっている場合は棟瓦取り直し工事が必要となります。 棟瓦を一度取り外して、漆喰を詰め直す作業となり、かなり重度の劣化症状となります。   既存の棟瓦を取り外します。     葺き土・漆喰を撤去します。     棟瓦を設置・漆喰を塗る     瓦を積み完成     ~まとめ~ いかがでしたでしょうか? 今回は屋根の漆喰についてご説明させていただきました。 漆喰の劣化症状は、ご自分で気付くのはなかなか難しいかと思います。 瓦屋根の劣化・漆喰の劣化が気になる方は、専門業者に依頼しみてもらう事をおすすめします。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。       つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。  ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。 もちろん、お電話での現地調査やお見積りのご依頼も喜んで承っております。   大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

2022年12月04日 更新

屋根塗装~ストレート屋根(カラーベスト)の塗装について!

大阪市・東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市・東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントです。 東住吉ショールーム ブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は、「ストレート屋根(カラーベスト)塗装」についてご紹介をさせていただきます。       ストレート屋根(カラーベスト)とは?   ストレート屋根とは、セメントに繊維を混ぜて固めた薄い板状の屋根材の事です。 今現在、お家の屋根材として最も普及率が高いとされています。   ストレート屋根は「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれています。これは屋根材の商品名です。 ストレート屋根は、軽量で低価格、デザインやカラーバリエーションも豊富なので人気です。         ストレート屋根の塗装の工程   では、ストレート屋根の塗装工程をみていきましょう。   ①高圧洗浄 高圧洗浄で付着している、旧塗膜・苔・カビなどをきれいに洗い落とします。     ➁棟板金のケレン 板金と塗料の密着性をよくするために、塗装を行う前に錆や古い塗膜や汚れを落としていきます。     ③棟板金の錆止め 錆止めをしっかりと塗布して、鉄部に錆が発生しないように丁寧に塗り忘れなく塗布していきます。     ④屋根の下塗り(1回目) 下塗り材を塗布します。 上塗り材との塗膜の密着を良くする役割があります。     ⑤タスペーサー取付 タスペーサーを挿入します。 雨漏れや内部結露を防ぐために屋根材と屋根材の間にタスペーサーを挿入します。     ⑥屋根の中塗り(2回目) 中塗り材を塗布します。基本的に、中塗り・上塗りは同じ塗料で行います。(上塗り2回) 中塗りは、仕上げ塗装に厚みを持たせる事ができるので、塗料の機能を長持ちさせる効果があります。     ⑦屋根の上塗り(3回目) 上塗り材を塗布します。 上塗りは、外壁塗装の仕上げとなります。とても重要な塗装工程です。 これで屋根塗装は完了です。       施工前        完了     ~まとめ~ いかがでしたでしょうか? 今回は、ストレート屋根の塗装工程についてご紹介いたしました。 ストレート屋根は、耐久性が低く割れやすいというデメリットもありますが、屋根の塗装を行う事で 塗膜が形成され、割れにくい・破損しにくい屋根にすることが可能となります。 また、劣化とともに起こる色褪せなどが気になる場合でも、「屋根塗装」を行う事で回復し美観が保てます。 少しでも皆さまの参考になれば幸いです。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。   ▼ストレート屋根に塗装が必要な理由についてはこちらをご覧ください。     つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。  ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。 もちろん、お電話での現地調査やお見積りのご依頼も喜んで承っております。     大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識スタッフブログ

2022年11月12日 更新

屋根塗装の色選び! 選び方のポイントを紹介します‼

大阪市・東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市・東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントです。 大阪市・東住吉ショールーム ブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は、屋根の色選びや選び方のポイントについてご紹介いたします。 是非参考にして頂けたらと思います。     屋根塗装の色選び 外壁塗装や屋根塗装の際に、色選びで一番悩まれるという方は多いのではないでしょうか。 普段はあまり屋根全体を見ることはできませんが、外壁と屋根の配色(組み合わせ)で、 お家のイメージは大きく変わります。 しかし「色の種類もたくさんあり決めれない」「外壁と屋根の相性のいい組み合わせがわからない」など、 どうやって色を選んだらいいのかわからないですよね。 今回は、屋根の色選びのポイントや人気の色などをご紹介いたします。     屋根塗装の人気の色は? 屋根塗装の人気の色をご紹介いたします。   暗色系 ・ダークブラウン系 ・ブラック系 ・ダークグレー系 ・ダークグリーン系   屋根の人気色は、暗色系になります。 どんな外壁の色にも合わせやすく、屋根に暗色を使う事でアクセントにもなります。 その他にも、シック・重厚感といった雰囲気をつくる事も出来ます。   ブラック     ジェノバブラウン     ラセットブラウン   暗色系の屋根色は、色褪せや雨染みが目立ちにくいという理由としても人気です。 また、外壁にベージュ系のお家を好む方が多いですので、暗色系の屋根色(ブラック・ブラウン・グレー) との相性は良いです。また、サッシの色などとも合わせやすくなります。         明るい色 ・ライトグレー ・ライトブラウン   こちらも定番の人気色になります。 どんな外壁にも合わせやすく、汚れが目立ちにくいという点でも人気です。     クレタグレー       クレタグレー       バーガンディ   ライトグレーやライトブラウンは、明るく・柔らかい雰囲気のイメージにすることもできます。 また、遮熱効果のある塗料を考慮して、明るい屋根色が選ばれることも多くなっております。         原色系 レッド系・ブルー系・グリーン系などの鮮やかな原色系の屋根色を好まれる方もいらっしゃいます。 個性的できれいな屋根色です。 アクセントとして選ばれるのも良いでしょう。   クールミラノグリーン       ナスコン               屋根の色選びでのポイントとは   外壁の色とのバランス 屋根色を決める際には、外壁とのバランス(調和)を見て色選びする事が大切です。 違和感なく自然な印象に見せるのであれば、同系色でまとめるとナチュラルな外観に仕上がります。 例えば ・外壁がベージュ系なら屋根はブラウンの色 ・外壁がグレー系ホワイトなら屋根はブラックの色 ・外壁が淡いブルー系なら屋根はネイビーの色 など同系色でまとめるとバランスのいい配色になります。 また、外壁より屋根色を濃い色味にすると、お家全体が引き締まった印象にもなります。     周囲の環境とのバランス 屋根の色選びでは、街並み・周囲とのバランスがとても大切になります。 外壁の色選びでもいえる事なんですが、近隣との調和が取れていない色を選ぶと、ご自分のお家だけが 浮いてしまい、悪目立ちしてしまいます。 周囲とのバランスや景観との調和も考えた色選びをしましょう。     色褪せ・汚れが目立つ色は避ける 屋根は太陽光や紫外線の影響を受け、色褪せします。 屋根の色によっては、汚れが目立ってしまう場合もあります。 色褪せしやすい色味は、鮮やかな色(赤・黄)となります。       色の見え方も考慮する 屋根の色の見え方も、条件によっても異なります。 お天気のいい晴れた日と曇りの日では、屋根の色が違って見えます。 また、外壁や屋根の色を選ぶ際には、面積効果にも注意しましょう。 同じ色でも、小さい面積と大きい面積では見え方の印象が異なります。 また同じ塗料の色で塗っても、屋根の素材によっても見え方が変わる場合があるので注意が必要です。     ~まとめ~ いかがでしたでしょうか? 今回は屋根の色選びのポイントについてご紹介いたしました。 屋根の色選びも外壁と同じくらい悩みますよね。 本日のブログを参考にしていただきながら、何年たっても飽きのこない配色選びがしたいですね。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。     つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市・東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 お客様が抱える「悩み」に真剣に向き合い、今までの経験・知識・技術を 惜しむことなくお客様へ提供いたします。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。   大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

2022年11月06日 更新

屋根足場について

大阪市・東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市・東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントです。 東住吉ショールーム ブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は『屋根足場』についてご紹介します。     屋根足場って何? 皆さん、屋根足場って聞いたことがありますか? 外壁塗装や屋根塗装の際に、良く聞く一般的な足場はご存知の方も多いかと思います。 でも屋根足場という言葉は、あまり聞いた事が無いのではないでしょうか。 今回は『屋根足場』についてご説明いたします。   一般的に外壁塗装をする際に、設置する足場は外壁の周囲に組立ます。↑ また、飛散防止シートも含みます。       屋根足場とは 屋根を工事する際に必要な足場の事を指します。 屋根の勾配が滑らかであれば設置しなくても支障ありませんが、急勾配の屋根の場合は滑って作業が 出来ない為、外壁の周囲に足場を設置してから、屋根にも足場を組みます。     屋根足場は、単管という細いパイプを使って、屋根面に平行になるように組立てられる事が基本です。       急勾配の屋根の場合、天辺まで登れません。 足場を設置する事で登れるようになり作業が行えます。       作業する際は、滑り落ちないようにパイプに足を引っかけたり、乗って屋根工事を行います。       屋根足場が必要な理由とは 急勾配の屋根の工事を行う際には、屋根足場が必要になります。 その理由は以下の通りです。   安全性        急勾配の屋根は滑りやすい為、落下する危険性があります。               職人の安全確保の為にも、屋根足場が必要というわけです。   作業の正確性    屋根作業を行う上で足元の安定は、とても大事な事です。             屋根足場を設置する事で足元が安定し、安心して作業ができる為              正確な施工が行える事となります。   近隣への配慮    屋根足場を設置する際は、近隣様への配慮がとても大切です。             足場を組んだ後、飛散防止シートを設置します。             飛散防止シートは、近隣様のお家や車などに塗料がかかるのを防ぐ為に行います。             飛散防止シートを設置する事で、配慮する事が出来ます。         足場の重要性についてはこちらをご覧ください。       ~まとめ~ いかがでしたでしょうか? 今回は屋根足場についてご紹介いたしました。 急勾配の屋根の工事を行う際には、安全面・作業の正確性・近隣への配慮などの理由から 屋根足場の設置が必要となります。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。     つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。  つねペイントでは、ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。 もちろん、お電話での現地調査やお見積りのご依頼も喜んで承っております。     大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

2022年09月19日 更新

『大阪市 東住吉区』 陸屋根のメリット・デメリット

大阪市東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントです。 東住吉ショールームブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は『陸屋根のメリット・デメリット』についてです。     『東住吉区 外壁塗装』 陸屋根とは?   陸屋根とは、傾斜のない平面状の屋根の事です。平屋根ともいいます。 水平な屋根を陸屋根というのに対し、傾斜のある屋根は「勾配屋根」といいます。 ビルやマンションでは、主流である陸屋根。近年では戸建住宅でも普及してきています。 今回は陸屋根のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。           『東住吉区 外壁塗装』 陸屋根のメリット   ★屋上として活用できる 屋根のスペースを有効活用できる。 日当たりの良さからガーデニングや家庭菜園などにも向いてます。     ★メンテナンスが簡単 勾配のある三角屋根と比べて屋根面が平らなことから、メンテナンスが簡単なのも陸屋根のメリットです。 清掃や補修工事を行う時に作業がしやすく、足場が必要ないためコストも抑えられる。     ★居住空間が広くなる 陸屋根は屋根裏のスペースが必要ないので、同じ高さの家でも室内の空間が広くなります。 部屋の天井が高くなることで、開放感を感じることができます。             『東住吉区 外壁塗装』 陸屋根のデメリット   ★断熱性が低い 屋根と天井の間に空間が無い陸屋根は、屋根に当たった太陽熱が直接天井に伝わるため、 天井面の温度が上昇しやすくなります。 施工の際に断熱材や遮熱塗料などをつかうことで軽減できます。     ★雨漏りしやすい 陸屋根の最大のデメリットは、雨漏りのトラブルです。 陸屋根は平らな事から、三角屋根に比べると水はけが悪く、しっかりと防水処理をしておかないと 雨漏りする可能性があります。定期的なメンテナンスが必要になります。     『東住吉区 外壁塗装』 陸屋根には防水工事が必須   陸屋根は雨漏りを防ぐために大切なのは、しっかりと防水工事を行う事です。 防水性の高い素材で防水工事を施し、定期的なメンテナンスが欠かせません。   陸屋根に施される防水工事の種類   防水工事の種類についてはこちら⇓     『東住吉区 外壁塗装』 まとめ いかがでしたか? 本日は陸屋根のメリット・デメリットをご紹介させていただきました。 陸屋根は屋上の有効活用ができ、メンテナンスが簡単というメリット。 陸屋根は天井面の温度が上昇しやすく、雨漏りのリスクが高いデメリット。 雨漏りを防ぐには、定期的に防水工事を行いメンテナンスすることが大事です。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。     つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。  つねペイントでは、ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。 もちろん、お電話での現地調査やお見積りのご依頼も喜んで承っております。     大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

2022年09月16日 更新

『大阪市 東住吉区』 縁切りって何❓

大阪市東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントです。 東住吉ショールームブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は『縁切りって何❓』についてです。   『東住吉区 外壁塗装』 縁切りって何❓ 【縁切り】ってあまり聞いたことのない言葉ですよね。 実はストレート屋根材を塗装する際に、とても重要な工程になります。   縁切りとは、屋根材と屋根材の間に隙間を作る作業になります。 なぜ隙間を作るのかというと、雨漏りと結露を防ぐためです。 ストレート屋根は、薄い屋根材を重ね合わせていく重ね葺きなので、重ねた部分に少し隙間ができます。 この隙間こそが屋根やお家にとってとても重要な役割を持ちます。 屋根には雨風によって雨水が入ることは避けられないので、この隙間から雨水や湿気を逃がしているのです。 もし、雨水や湿気を逃がすことが出来なくなった場合、湿気がこもり結露になり、 やがて経年劣化として屋根の内部に浸入し木材が傷み、雨漏りを引き起こす原因に繋がります。 この隙間は屋根が呼吸するために、とても重要になります。 新築の際はしっかり隙間がありますが、塗替えする際に塗料がこの隙間を塞いでしまいます。 そこで行う作業が縁切りとなります。     『東住吉区 外壁塗装』 縁切り方法     タスペーサーとは五角形の形をした、屋根材と屋根材の間に差し込むだけで隙間が確保されます。       タスペーサーによる縁切り作業です。     『東住吉区 外壁塗装』 タスペーサーが必要ない場合は   タスペーサーは全てにおいて必要とは限らない。 実は必要じゃない場合があるんです。 屋根に4㎜以上の隙間がある場合 縁切りによるタスペーサーが必要ありません。 隙間が広い為、タスペーサーを差し込んでも固定されず落ちてきます。 また、同じ1軒のお家においても全ての屋根にタスペーサーが必要とは限りません。 紫外線の当たる方向の屋根は反ってくるので自然と隙間が空き、タスペーサーが必要ないという事です。     『東住吉区 外壁塗装』 まとめ   縁切りとは、屋根材と屋根材の塗膜を切断し、雨水の通り道を確保する作業をいいます。 現在はタスペーサーの工法が多く採用されています。 縁切りしないと、水が屋根に溜まっている状態になりやすくなり、雨漏りにつながります。 2回目以降の屋根塗装で必要になります。 屋根塗装をご検討の際は、縁切りについて、塗装専門業者に確認しメンテナンスすることをおすすめします。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。     つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。  つねペイントでは、ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。 もちろん、お電話での現地調査やお見積りのご依頼も喜んで承っております。     大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

2022年09月15日 更新

『大阪市 東住吉区』 ストレート屋根に塗装は必要なの?

大阪市東住吉区・平野区の皆さまこんにちは😊 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントです。 東住吉ショールームブログ更新担当です。 いつも現場ブログご覧いただきありがとうございます。 今回は『ストレート屋根に塗装は必要なの?』についてです。   『東住吉区 外壁塗装』 ストレート屋根の塗装は必要?   屋根は外壁とは違い、見えない場所になるので多少汚れていても気にしないという方もいらっしゃるかと思います。 ご自身で見えない場所なので、お家の屋根が今どんな傷みの症状があって、またメンテナンスする必要は あるのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。 屋根塗装は、耐久性や屋根の寿命を延ばすためには重要な役割を持っています。 今回は『ストレート屋根に塗装は必要なの?』についてお話しさせていただきます。 ストレート屋根に塗装をとお考えの方の参考になればと思います。         『東住吉区 外壁塗装』 ストレート屋根に塗装が必要な理由とは   ★経年劣化で防水効果がなくなる 化粧スレートはセメントに繊維素材を混ぜて薄い板状(セメントで固めた板)に加工したものです。 ストレート瓦自体には、防水性は無いため生産される際に塗装を施されています。 塗装は時間の経過とともに劣化していきます、ストレート屋根の防水性は永続的ではありません。 塗装の劣化とともに防水性は失われて、雨水が屋根内部に侵入し雨漏りを発生させることになります。   ストレート屋根の防水性は失われても、その下に防水シートや野地板があるためすぐに雨漏り等が 発生するわけではありませんが、屋根内部に水が浸入すると、屋根材や釘などの腐食に繋がるため、 ストレート瓦の防水性が失われたら早めのメンテナンスをおすすめします。         『東住吉区 外壁塗装』 ストレート屋根のメンテナンス時期の目安   ストレート屋根の表面耐久年数はおよそ10年です。 ストレート屋根を施工して、10年以上経っている場合は、メンテナンスの時期の目安となります。 お家の環境やストレート屋根材の種類によって耐久年数は変わります。   ★劣化症状   色褪せ         かび・藻の発生         塗膜の剥がれ         ひび割れ         釘抜け       『東住吉区 外壁塗装』 まとめ いかがでしたか? 本日はストレート屋根の塗装についてお話しさせていただきました。 ストレート瓦はしっかりとメンテナンスを行えば長く使用することが出来ます。 ご自身で劣化の目安を知り、定期的なメンテナンスを専門業者に依頼しましょう。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。     つねペイントは外壁塗装・屋根・雨漏り専門店です。 大阪市東住吉区・平野区地域密着でたくさんの塗装工事を行わせていただいております。 地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。 誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々努力してまいります。  つねペイントでは、ご相談・診断・お見積りいつでも無料で行っております。 お気軽にお問い合わせください。 もちろん、お電話での現地調査やお見積りのご依頼も喜んで承っております。     大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントの施工事例はこちら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントのショールームについては こちらら! 大阪市東住吉区・平野区に地域密着の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店つねペイントへのお問い合わせはこちら!

屋根の豆知識

地域密着!長持ち塗装でお客様の大切なお家を守りますご相談・見積り・診断は無料です!!

0120-665-997 10:00-18:00(定休日:水曜日/年末年始/お盆)

  • 名古屋市守山区 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!